育毛剤は 試す時代から調べてオーダーする時代に 遺伝子検査付き育毛剤 Persona(ペルソナ)

遺伝子検査の5つのメリット

 

薄毛に見える理由 が特定できれば、
その症状に適した改善施策の特定は容易いと思われがちですが、実はそう簡単ではありません。
全ての薄毛が単一的な根本原因によるものではなく、多くは複合的な原因が重なって薄毛となることがほとんどなのです。

 

「髪の毛が細い」という薄毛理由ひとつ取っても、いくつかの原因が考えられます。
・毛髪自体が弱い(毛少皮(キューティクル) 毛皮質 毛髄質)
・頭皮の血流不良
・タンパク質等の栄養不足
・毛周期(ヘアサイクル)の異常
・男性ホルモン型脱毛症(AGA)
・頭皮ダメージ(皮脂過多、乾燥、炎症、アトピー)
・毛包の縮小化

 

これらの原因が複合的に絡み合い、それぞれの原因にリスクの強弱があります。
例ば、
毛髪自体の弱さリスク5 + 頭皮ダメージリスク1.5 + 男性ホルモン型脱毛症(AGA)リスク3 = 毛髪が細い → 薄毛になる

 

また、習慣的に良いと思ってやっていることが逆効果になっている場合もあるのでご注意ください。
例えばシャンプーのし過ぎ
頭皮を清潔に保つことは有効ですが、毛穴の皮脂や汚れなどを気にしすぎてシャンプーをしすぎるのも問題です。
必要な皮脂までなくなってしまうと逆に抜け毛の原因になります。しかも薄毛で悩む方は頭皮も弱いものです。そこに シャンプーやドライヤーによる刺激を受けると、正常な頭皮になって行くことはありえません。
帽子をかぶらない
特に夏場など、帽子をかぶると蒸れが気になって、かぶらない方がいらっしゃいます。確かに蒸れは良くないですが、紫外線の方が頭皮が受けるダメージが大きいと言われています。風通しの良い帽子か日傘がおすすめですね。

 

▼▼育毛剤Persona(ペルソナ)詳しくはこちらから▼▼